成約率アップや電話対応コストの削減になるチャットシステムとは

チャットシステム » チャットシステムサービスの導入事例を紹介

チャットシステムサービスの導入事例を紹介

このカテゴリーでは、導入したことで業務効率や成果が上がった企業の事例を紹介。チャットシステムの具体的な利用シーンやサービス特性などの理解が深まります。

事例からわかるチャットシステムの導入効果とは

顧客窓口業務においてチャットシステムが電話やメールと大きく違うのは、サイトにアクセスしているユーザーに対して、自動話しかけ機能などによって能動的に接客できるということ。せっかくサイトに来てくれたユーザーに対して、電話やメール、問い合わせフォームだとユーザー自身が行動を起こしてくれないとチャンスロスになっていたわけです。

その点、チャットシステムはより積極的な接客ができるため、成約率や顧客満足度のアップになり、高い導入効果が期待できます。詳細ページでは、そうした導入効果を具体的に知るために、以下の3つの事例を紹介しています。

  • 導入事例1 ECサイト
    胡蝶蘭に特化した法人向けのオンラインフラワーショップの事例です。ビジネス用途で商品が生モノということもあり、確認事項のやりとりなどでチャットという気軽なコミュニケーションツールが大いに役立っています。花卉という商品特性から、画像を簡単に送信できる点も一点モノを現物確認できることなどが売上アップに寄与しています。
  • 導入事例2 人材派遣
    人材派遣会社が登録者を増やすためにチャットシステムを導入した事例です。日本ではまだまだ転職するにあたって個人レベルではいろいろな悩みがつきもの。それが登録数増加のハードルになっていたのが、チャットという手軽なツールの導入によって、相談しやすい媒体へと変わったことがわかります。チャットなら抵抗なく転職相談できるのが明確な導入効果となっています。
  • 導入事例3 士業
    クライアントは様々なジャンルの士業で、集客サポートを目的としたwebサイトにチャットシステムを導入した事例です。サイトに記載されている内容であってもとりあえず確認しておきたいという問い合わせが多数あったのが注目ポイント。電話をするほどでもないことも、チャットならアクションしてみたくなる、利用者のハードルを下げることが結果的に成約につながった好例といえます。

人気のチャットシステムサービス8社のスペック比較をみる>>

PAGETOP
かんたん便利なチャットシステム導入ガイド