成約率アップや電話対応コストの削減になるチャットシステムとは

導入事例3 士業

このページでは、起業家支援企業が士業の集客サポートサイトでチャットシステムを導入した事例を紹介します。

webの士業集客サポートサイトでチャットシステムを活用

起業家支援を事業として様々なwebサイトを運用している企業が、集客目的で試験的にチャットシステムを7~8サイトに導入したのが始まり。現在はより成果の上がっている3サイトでチャットシステムを運用していますが、中でも注目したいのが士業の集客サポートを目的としたサイトです。

提供しているサービスはジャンルに合わせてwebサイトを構築したり、マーケティング全般をサポートするといったもの。士業と一口に言ってもジャンルは様々ですが、個人事務所として運営しているケースも少なくないため、マーケティング施策としてこうしたサービスを利用しているという背景があります。

導入後の士業集客サポートサイトへの反響

この士業集客サポートサイトでは、チャットシステム導入後に問い合わせ数やチャット経由の売上が約30%アップしたという結果が出ています。

「問い合わせ内容は、わざわざ電話して聞くほどではないものの、念のために確認しておきたいというケースが目立ちます。例えば、料金の確認だったり、相場感のヒアリングだったりします。

サイトをよく見てもらえば記載してあることも多いのですが、確信を持てないことについて納得したいという時に、チャットは気軽に利用できて、課題解決となって成約にもつながるのだと思います。

メールのような形式ばった文章ではなく、ストレートに質問だけが届くのもチャットならではですね。その分、次の展開が早いので、双方にとってメリットになっているようです」

こうした気軽な問い合わせに対応するために、現状は3名のオペレーターがチャットシステムで応対しています。

チャットシステムの活用方法

会員登録などの手間がなく問い合わせができるチャットシステムは、サイトの利用者にとって手軽さがメリットになりますが、運営者にとってはその後のフォローをきちんとすることが成約につながるため、チャットシステムの運用でもそれなりのノウハウがあります。

自動話しかけ機能を利用しているとレスポンスがとれるのですが、連絡先をもらっておかないとチャンスロスとなるため、会話設定には工夫をしています。最終的な成約に至るには書類の送付も必要で、メールアドレスは確認するようにしています。

また、窓口スタッフは電話と違って複数のお客様に同時対応できるのがチャットの特徴で、事業拡大の際にはより大きなウェイトを占めると思います」

この事例では約30%アップした集客効果が目立ちますが、オペレーターが同時対応できる点は業務の効率化にもなる点が見逃せません。

人気のチャットシステムサービス8社のスペック比較をみる>>

PAGETOP
かんたん便利なチャットシステム導入ガイド